コメントする

山形市にお住まいの58歳女性のかたのお話。年

目の下のしわは若い頃(20代後半)から何となく気になってましたが、年と共にだんだん深くはっきりなってきました。でも30代の頃は仕事の忙しさもあり、あまり気にせず、ほとんど何もしませんでした。その頃やった事といえば、試供品でもらったナイトクリームやパックをその時だけ使う事でした。まわりの同世代の友人との会話でも「しわ対策」の話などしたことがありませんでした。

ただある日、仕事で知り合った自分より10才年上の方と話すことがあり、その時その方が頻繁にエステに通ってると聞きびっくりしました。とても綺麗な方なのに、と思ってたら、「今を考えるのではなく10年後を考えてエステに行ってるのよ!」との事でした。それを聞いてから少しはやらなくては!と目覚めました。それが40代に入る位の時かと思います。といっても頻繁にエステに行く時間の余裕も、経済的な余裕もなく、いつも使っている化粧品会社のマッサージクリームとパックを購入し、自分なりにそれなりにやってましたが、とても効果があったとは思えませんでした。それでも仕事の忙しさの中でまだ「顔」をゆっくりきちんと見てなかったからか、まだ若いと思っていたからかそれほど気にはしてませんでした。

しっかり気にしだしたのは50代に入ってからです。仕事が少し落ち着き自分の「顔」を見る気持ちの余裕が出来たのと、一緒に仕事をしてる人達が若くなり、食事等で隣に座った時、肌の違いを感じ、すごくブルーな気分になったのも一度や二度ではなく、これはちゃんとやらないと取り返しのきかない事になる!と危機感を持ちました。でもやはりエステまでは行けないので、自宅販売の某化粧品にして自宅に来てもらった時にやり方を何度か聞き、自己流でやってた時よりは何となくいい感じになりました。

それと目の下につけるアイクリームも色々試しましたが、それなりの値段の物をつけるとやはり違うようです。同世代の友人と会う位ならそんなに気にしなくても、若い人達と一緒に仕事をするにはある程度自分の顔に自信がないと、仕事も自信がなくなってしまうみたいで、やはり気をつけなければ、です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です